出典:デジタル大辞泉(小学館)

地歌。近松門左衛門作詞、湖出金四郎作曲、岡崎検校改調とされる。宝永3年(1706)京都の都万太夫座で上演されたおまん・源五兵衛の道行 (みちゆき) を原拠とするが、同年夏、大坂で上演のときはお染・半九郎に改められる。
宮薗 (みやぞの) 節。宮薗鸞鳳軒 (らんぽうけん) 作曲。明和3年(1766)大坂竹本座初演「太平記忠臣講釈」の「道行人目の重縫 (かさねぬい) 」からとったもので、縫之助・浮橋の道行とする。宮薗節の代表的名作。