とり‐むす・ぶ【取(り)結ぶ】例文一覧 1件

  1. ・・・ところが、その愚劣な映画の弁士を勤めて、お客の御機嫌を取り結ぶのが、僕の役目なんだそうだ。」「それあいい。」私は、大声で笑ってしまった。「いいじゃないか。北海道の春は、いまだ浅くして、――」「本気で言ってるのかね?」少年の声は、怒り・・・<太宰治「乞食学生」青空文庫>