出典:デジタル大辞泉(小学館)

箏 (そう) を弾奏するときの技法の一。右手で弾いたあと、左手の指でその弦をつまみ、右の方に引きよせて音を下げること。

「つらつき美しげにて、―の手つき、いみじう作りたるものの心地するを」〈・少女〉