ど‐りょう〔‐リヤウ〕【度量】例文一覧 6件

  1. ・・・が、有体にいうと沼南は度量海の如き大人格でも、清濁併せ呑む大腹中でもなかった。それよりはむしろ小悪微罪に触れるさえ忍び得られないで独りを潔うする潔癖家であった。濁流の渦巻く政界から次第に孤立して終にピューリタニックの使命に潜れるようになった・・・<内田魯庵「三十年前の島田沼南」青空文庫>
  2. ・・・もちろんまれには卑しい物質的の利害から起こる事もないではあるまいが、それらは別問題として、科学者芸術家に多い病は、他を容れる度量に乏しくて互いに苦々しく相排することである。これも両者の心理に共通なもののある事を示す一例と見なされる。畢竟偏狭・・・<寺田寅彦「科学者と芸術家」青空文庫>
  3. ・・・ こんな事になるのも、国政の要路に当る者に博大なる理想もなく、信念もなく人情に立つことを知らず、人格を敬することを知らず、謙虚忠言を聞く度量もなく、月日とともに進む向上の心もなく、傲慢にしてはなはだしく時勢に後れたるの致すところである。・・・<徳冨蘆花「謀叛論(草稿)」青空文庫>
  4. ・・・ 最初河水の汎濫を防ぐために築いた向島の土手に、桜花の装飾を施す事を忘れなかった江戸人の度量は、都会を電信柱の大森林たらしめた明治人の経営に比して何たる相違であろう。 巴里の人たちは今でも日曜日には家族を引連れて郊外の青草の上で葡萄・・・<永井荷風「夏の町」青空文庫>
  5. ・・・ どんなにその女を女が愛しても やはり同性の相殺、心理的にあり、男ばかりの中で育った男と同じ欠点女ばかりの生活にはあり、〔欄外に〕度量 幻想の欠乏。安定専一のところ。┌そうでないかと思うと┤ 三宅やす――つや子と・・・<宮本百合子「一九二七年春より」青空文庫>
  6. ・・・の様に、とりとめのない悲しさに、その日その日を味気なく送って居る人も、 K子の様に、ああした境遇に自分の好みで落ちて行く人も、皆この地球と云う丸い動く球の上にのって居るのだと思うと、地球と云う者の度量の広さと、寛容さが面白い。 如何・・・<宮本百合子「曇天」青空文庫>