とり‐よ・る【取り寄る】 の意味

  1. [動ラ四]
  1. 近くに寄る。親しくする。
    • 「この人に―・り候ふべし」〈太平記・三三〉
  1. 手本としてよりどころとする。
    • 「此の句には是こそ―・るべき所よと見えて」〈連理秘抄