出典:デジタル大辞泉(小学館)

Lev Nikolaevich Tolstoy》[1828~1910]ロシアの小説家・思想家。人間の良心とキリスト教的愛を背景に、人道主義的文学を樹立。晩年、放浪の旅に出て、病死。小説「戦争と平和」「アンナ=カレーニナ」「復活」、戯曲「生ける屍」など。大トルストイ。杜翁 (とおう) 。
中沢臨川によるの評伝。大正2年(1913)刊行。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉