あおえ‐もの〔あをえ‐〕【青江物】 の意味

  1. 備中国青江(岡山県倉敷市)の刀工が製作した刀剣。平安末期から南北朝時代にかけて多くの名刀が作られた。刀工安次、その子守次を祖とする。