出典:デジタル大辞泉(小学館)

アオイ科の一年草。高さ1~1.5メートル。葉は互生し、手のひら状に深く裂けている。夏から秋、淡黄色の大きな5弁花を横向きにつけ、茎の下のほうから上へ順に開き、1日でしぼむ。中国の原産で、観賞用。根は漢方で鎮咳 (ちんがい) 薬・健胃薬とする。黄蜀葵 (おうしょっき) 。 夏》「歩きゐて日暮るる―かな/澄雄」