出典:デジタル大辞泉(小学館)

《人目を欺 (あざむ) く意》

  1. 実物と見まがうほど写実的な絵画。また、その技法。古くは古代ギリシャ絵画にみられ、ルネサンス期では、建築物の壁面に大理石の模様や彫刻作品を描き込むなどの表現も行われた。現代ではシュールレアリスムの一部やスーパーリアリズムにみられる。だまし絵。

  1. ファッションで、襟 (えり) やポケット、アクセサリーなどを本物のように描き入れた洋服。

[美術・音楽/西洋の美術]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉