とんこう‐せっくつ〔トンクワウセキクツ〕【敦煌石窟】 の意味

  1. 敦煌郊外、鳴沙山の山腹にある石窟寺院。4~14世紀に造営され、約490窟が現存する。貴重な壁画や仏像・古文書・古写本などが出土、雲崗 (うんこう) 竜門の両石窟とともに中国の代表的仏教石窟。1987年、世界遺産(文化遺産)に登録された。千仏洞。莫高窟 (まっこうくつ・ばっこうくつ) 。