どん‐さい【鈍才】例文一覧 1件

  1. ・・・アララギ派の元素伊藤左千夫氏は正岡子規の弟子のうち一番鈍才であったが、刻苦のために一番偉くなった。一、よく考えて生きること。良い芸術は良い生活からしか生まれない。こんなことはいうまでもないことと思う。浅い生活をしていて良・・・<倉田百三「芸術上の心得」青空文庫>