どん‐しゅう〔‐シウ〕【×呑舟】例文一覧 2件

  1. ・・・と原稿用紙に立ちかえり書きつづけようとしてはたと停とん、安というこの一字、いったい何を書こうとしていたのか、三つになったばかりの早春死んだ女児の、みめ麗わしく心もやさしく、釣糸噛み切って逃げたなまずは呑舟 これでもか、これでもか、と・・・<太宰治「創生記」青空文庫>
  2. ・・・これは畢竟量を見るに急なために質を見る目がくらむのであり、雑魚を数えて呑舟の魚を取りのがすのである。またおもしろいことには、物理学上における画期的の理論でも、ほとんど皆その出発点は質的な「思いつき」である。近代の相対性理論にしても、量子力学・・・<寺田寅彦「量的と質的と統計的と」青空文庫>