出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)《古くは「とんぜい」》
  1. 隠棲して世間の煩わしさから離れること。「―して庵をむすぶ」

  1. 俗世間を逃れて仏門に入ること。出家。とんせ。

出典:青空文庫