出典:デジタル大辞泉(小学館)

「とんだ所へ来た」の「きた」に「北村」の「きた」を掛けて続けた言葉遊び。歌舞伎「天衣紛上野初花 (くもにまごううえののはつはな) 」の河内山宗俊 (こうちやまそうしゅん) のせりふの一節で、松江侯の屋敷に宮家の使僧と偽って乗り込んできた河内山が、家臣の北村大膳に正体を見破られて言う。