どん‐つう【鈍痛】例文一覧 1件

  1. ・・・その苦痛は無論鈍痛ではありましたが、年々歳々感ずる痛には相違なかったのであります。だからもし私のような病気に罹った人が、もしこの中にあるならば、どうぞ勇猛にお進みにならん事を希望してやまないのです。もしそこまで行ければ、ここにおれの尻を落ち・・・<夏目漱石「私の個人主義」青空文庫>