どん‐つく【鈍付く】 の意味

  1. にぶいこと。愚鈍なこと。また、その人。のろま。「この鈍付くめ」
  1. 太神楽 (だいかぐら) で、太夫 (たゆう) の相手をして、こっけいな役をつとめる人。
  1. 鈍付く布子 (ぬのこ) 」の略。
  • 名詞

どん‐つく【鈍付く】の慣用句

  1. どんつくぬのこ【鈍付く布子】
    • 糸が太く節の多い木綿地で作った綿入れ。