とん‐てき【頓的/頓敵】 の意味

  1. 軽はずみであること。また、その者。飛び上がり者。
    • 「休斎といへる―」〈浮・御前義経記・四〉
  • 名詞