出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. トンボ目の昆虫の総称。頭部の複眼は大きく左右に突出し、単眼は3個ある。触角は短く、かむ口をもつ。胸部には長大な2対の翅 (はね) をもつ。腹部は長く棒状。幼虫は水生で、ヤゴとよばれる。成虫・幼虫ともに他の昆虫を捕食する。不完全変態イトトンボサナエトンボオニヤンマアキアカネシオカラトンボなど。あきつ。かげろう。せいれい。とんぼう。 秋》「とどまればあたりにふゆる―かな/汀女

  1. トビウオの別名。とんぼうお。

  1. 歌舞伎で、役者が立ち回り中に切られたり投げられたりしたときなどに、手をつかずに宙返りすること。とんぼがえり。「―を切る」

  1. 印刷で、刷り位置を正確にするために版や原稿につける十文字の印。

  1. 運動場を整地する道具の通称。木製・金属製の丁字形の棒で、地面をならして平坦にする。形状が1に似ることによる呼び名。

  1. 蜻蛉結び」の略。

  1. 蜻蛉持ち」の略。