出典:デジタル大辞泉(小学館)

その名をよく知られる。「いずれ―・る人の筆跡だろう」