出典:デジタル大辞泉(小学館)

[終助]
  1. 動詞・動詞型助動詞の終止形、ラ変型活用語の連体形に付く。禁止の意を表す。「油断するな」「まだ帰るな」

    1. 「かの尼君などの聞かむに、おどろおどろしく言ふ―」〈・夕顔〉

  1. 《補助動詞「なさる」の命令形「なさい」の省略形》動詞・動詞型助動詞の連用形に付く。命令の意を表す。「早く行きな」「好きなようにやりな」

  1. 活用語の終止形、助詞に付く。

    1. ㋐軽い断定・主張の意を表す。「これは失敗だな」

    2. ㋑(多く「なさい」「ください」「ちょうだい」などに付いて)命令をやわらげていう意を表す。「これくださいな」「お手伝いしてちょうだいな」

    3. ㋒相手の返答・同意を求めたり、念を押したりする意を表す。「君も行ってくれるだろうな」「早めに片付けような」

      「こは常陸 (ひたち) の宮ぞかし―、しか侍りと聞こゆ」〈・蓬生〉

    4. ㋓感動・詠嘆の意を表す。「この暑さにはまいったな」「楽しいな」

      「花の色はうつりにけり―いたづらにわが身世にふるながめせしまに」〈古今・春下〉

  1. 《上代語》動詞・動詞型助動詞の未然形に付く。

    1. ㋐自分の決意・願望を表す。…しよう。…したい。

      「帰るさに妹に見せむにわたつみの沖つ白玉拾 (ひり) ひて行か―」〈・三六一四〉

    2. ㋑他に対する勧誘・願望の意を表す。…しようよ。

      「梅の花今盛りなり思ふどちかざしにして―今盛りなり」〈・八二〇〉

[間助]文末や、文中の種々の切れ目に用いる。語勢を添えて、自分の言葉を相手に納得させようとする気持ちを表す。「あの店はな、品物がいいんだ」「彼な、来られないんだって」
[格助]
  1. 《上代語》名詞に付く。連体修飾格を示す。の。

    1. 「ま―かひに、もとなかかりて」〈・八〇二〉

  1. 《格助詞「に」の音変化。上代東国方言》時間・場所を表す。に。

    1. 「草陰の安努 (あの) (=地名)―行かむと墾 (は) りし道安努は行かずて荒草立ちぬ」〈・三四四七〉

[補説]1は現在「まなこ(眼)」「みなと(港)」などの語にその形をとどめる。
[係助]係助詞「は」が直前の撥音「ん」と融合して音変化したもの。
    1. 「また生滅々已 (しゃうめつめつい) の心北門―建長寺」〈虎明狂・鐘の音

[補説]能・狂言・平曲などに行われたが、本文表記は「は」のままなのが普通。