出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 手紙・小包などの、受け取るべき相手を指定すること。また、その名。あてな。「父の名宛で金を送る」

  1. 遊女などを指名すること。名ざし。

    1. 「わるい志庵が―にて、浮名をあげづめに」〈黄・艶気樺焼

出典:青空文庫