出典:デジタル大辞泉(小学館)

《感動詞「なあ」を重ねたものから》相手と適当に折り合いをつけて、いい加減に済ませること。「なあなあで話をつける」「なあなあの間柄」