出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 内々の宴。内部の者だけで催す宴。

  1. 平安時代、宮中で行われた内々の公事 (くじ) 。正月20日ごろの子 (ね) の日に仁寿殿 (じじゅうでん) 南廂 (みなみびさし) に天皇が出御、公卿以下文人を召して詩文を作らせ、また酒宴を催した。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉