出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 周りを陸地に囲まれ、狭い海峡で外洋と連絡している海。瀬戸内海など。うちうみ。⇔外海

  1. 仏語。須弥山 (しゅみせん) を囲む九山八海のうち、第八山の内側にある海。

  1. 茶入れの一。大海 (たいかい) に対して、口の狭い小形のもの。うちうみ。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉