ない‐かん〔‐クワン〕【内患】例文一覧 1件

  1. ・・・、今の成行きにて事変なければ格別なれども、万に一も世間に騒動を生じて、その余波近く旧藩地の隣傍に及ぶこともあらば、旧痾たちまち再発して上士と下士とその方向を異にするのみならず、針小の外因よりして棒大の内患を引起すべきやも図るべからず。 ・・・<福沢諭吉「旧藩情」青空文庫>