出典:デジタル大辞泉(小学館)

宮中の内道場に奉仕し、御斎会 (ごさいえ) のときに読師 (どくし) を、または天皇の夜居 (よい) を勤めた僧職。十禅師の兼職で、諸国より高僧が選抜された。内供。供奉。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉