出典:デジタル大辞泉(小学館)

事物の内部から作用して、その運動・変化を引き起こす原因。アリストテレス哲学において、生物などの運動・変化の説明に用いられた。汎神論では、神は世界の内にあって働きかけると説かれる。⇔外在因

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉