出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. うちしょく(内食)」に同じ。

  1. こっそり食事を取ること。内証で食事をすること。また、その食事。

    1. 「早々下タヘ来ると膳所に琴雅乙彦などいふ風流雄 (みやびを) が―をきめてゐる」〈魯文安愚楽鍋