出典:デジタル大辞泉(小学館)

National Electronic Injury Surveillance System》米国の電算機危害監視システム。人体に危害を与える商品事故の情報を収集し、迅速な処理を行うと同時に事故防止もはかるシステム。米国の消費者製品安全委員会が1973年、最初にこのシステムを始めた。