• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ない‐てい【内定】 の意味

  1. [名](スル)正式の発表の前に内々で定まること。また、その決定。「就任が内定する」
  • 名詞
  • ない‐てい【内定】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・結婚の相手の令嬢も、疾っくに内定してある。

      著:ダビットヤーコプ・ユリウス 訳:森鴎外「世界漫遊」

    • ・・・次に逢ったのは君が露西亜へ行く事がほぼ内定した時のことである。

      夏目漱石「長谷川君と余」

    • ・・・失業救済事業公債が二千七百八十万円と内定し、上野ではプロレタリア美術展がひらかれてる。

      宮本百合子「ニッポン三週間」