ない‐ひ【内皮】例文一覧 1件

  1. ・・・今日は先ほどの入道雲が水平線の上へ拡がってザボンの内皮の色がして、海も入江の真近までその色に映っていた。今日も入江はいつものように謎をかくして静まっていた。 見ていると、獣のようにこの城のはなから悲しい唸声を出してみたいような気になるの・・・<梶井基次郎「城のある町にて」青空文庫>