ない‐ぶん【内分】例文一覧 1件

  1. ・・・いま君がありかを云えば内分で済むのだ。でなけぁ、きみの為にならんぜ。」「どうも全く知らないのです。まあ、あなたがたもご商売でしょうが、わたくしの声や顔付きをよくごらんください。これでおわかりにならんのですか。」わたくしは少ししゃくにさわ・・・<宮沢賢治「ポラーノの広場」青空文庫>