出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]
  1. 以前の状態がそのまま続いているさま。相変わらず。やはり。まだ。「今も―健在だ」「昼―暗い」

  1. 状態や程度がいちだんと進むさま。さらに。もっと。いっそう。「君が来てくれれば―都合がいい」「会えば別れが―つらい」

  1. 現にある物事に付け加えるべきものがあるさま。「―検討の余地がある」「―10日の猶予がほしい」

  1. (あとに「ごとし」を伴って)ちょうど。あたかも。「過ぎたるは―及ばざるがごとし」

    1. 「御首は敷皮の上に落ちて、質 (むくろ) は―坐せるが如し」〈太平記・二〉

[接]ある話の終わったあとで、さらに別のことを言い添えるのに用いる語。「―詳しくは後便にて申し上げます」