出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]
  1. いいかげんにしておくさま。本気でないさま。おろそか。「等閑な練習態度」「子供のしつけを等閑にする」

  1. ほどほどで、あっさりしているさま。

    1. 「よき人は、ひとへに好けるさまにも見えず、興ずるさまも―なり」〈徒然・一三七〉

[用法]なおざり・[用法]ないがしろ――「学業をなおざり(ないがしろ)にする」のように、いいかげんにする意では相通じて用いられる。◇「なおざり」は、きちんとすべきことを手を抜いていいかげんにするさまをいう。「なおざりに聞き流す」「なおざりにできない問題」◇「ないがしろ」は大切にすべきものを粗略に扱う、また無視するさまをいう。「親をないがしろにする」のように用いる。◇類似の語「ゆるがせ」は「なおざり」と同じく、手を抜いておろそかにするさま。「一刻もゆるがせにできない」のように用いる。