なか【中】 の意味

  1. 空間的に仕切られた物の内側。内部。「建物の中に入る」「部屋の中が丸見えだ」
  1. 中央。まんなか。「込み合いますから中へお詰め下さい」
  1. 二つの物事のあいだ。中間。また、中庸。「ハムを中に挟む」「中三日置いて返事が来る」
  1. 物の奥深いところ。また、表面からは隠れた部分。「山の中で迷う」「腹の中を探る」
  1. 限られた範囲に含まれる部分。一定のグループや集団の範囲のうち。「人込みの中を急ぐ」「仲間の中でいちばん若い」「予算の中でまかなう」
  1. 物事が進行している最中。また、ある状態が続いているとき。「あらしの中を突き進む」「お忙しい中をありがとうございます」
  1. 月の半ばごろ。中旬。「中の五日に出発する」
    • 「弥生―の六日なれば」〈平家・三〉
  1. 三人兄弟の2番目。「中の息子」
    • 「―に当たるなむ姫君とて」〈・東屋〉
  1. 中等。中流。中位。「中ほどのものを見せてください」
  1. 10 遊郭。特に、江戸の吉原と大坂の新町
    • 「縞縮 (しまちぢみ) に鹿の子の帯。たしかに―の風と見た」〈浄・油地獄
  1. 内 (うち) [用法]
  • 名詞

なか【中】の慣用句

  1. 中絶ゆ
    • 中がとぎれる。中断する。また、人との交わりが絶える。
      「忘らるる身をうぢばしの―・えて人も通はぬ年ぞ経にける」〈古今・恋五〉
  1. 中に立つ
    • 両者の間に入って世話をする。仲介する。「―・って話をまとめる」
  1. 中に就いて
    • 《「就中」の表記の訓読から生じたもの》その中でもとりわけ。なかんずく。
      「世の中といふもの、…定まりたる事侍らね、―も女の宿世(すくせ)はいと浮かびたるなむあはれに侍る」〈・帚木〉
  1. 中に入る
    • 仲裁する。また、仲介する。「―・って話をまとめる」
  1. 中を取る
    • 中間を取る。折り合いをつける。「―・って七千円で売る」