出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. (長唄)江戸歌舞伎の伴奏曲として発達した三味線音楽。享保(1716~1736)ごろまでに2の影響を受けて確立。豊後節 (ぶんごぶし) 系統の浄瑠璃大薩摩節などを取り入れて多様な音楽となり、文政(1818~1830)ごろには劇場と離れた鑑賞本位のお座敷長唄も生まれ、明治以後広く普及。江戸長唄。

  1. (長歌)地歌の一種で、組歌の次に創始された古典的な三味線歌曲。小編歌曲を組み合わせた組歌に対し、一つのまとまった内容の歌詞をもつ歌曲。元禄(1688~1704)ごろに上方に現れた。長歌物。上方長歌。

  1. ちょうか(長歌)1」に同じ。⇔短歌 (みじかうた)