出典:デジタル大辞泉(小学館)

隣家との隔ての垣根。また、人との仲を隔てるもののたとえ。

「―の隔てが出来て、ロクロクも話せなかったから」〈左千夫野菊の墓