なか‐ぐち【中口】例文一覧 1件

  1. ・・・大学士はたきびに手をあぶり顔中口にしてよろこんで云う。二つの声が又聞える。「まあ、静かになさい。僕たちは実に実に長い間堅く堅く結び合ってあのまっくらなまっくらなとこで一緒にまわりからのはげしい圧迫やすてきな強い熱にこらえて来・・・<宮沢賢治「楢ノ木大学士の野宿」青空文庫>