ながくぼ‐せきすい【長久保赤水】 とは

  1. [1717~1801]江戸中期の地理学者。常陸 (ひたち) の人。名は玄珠。水戸藩の侍講となり、「大日本史」地理志の編纂 (へんさん) に加わる。「日本輿地路程全図」などの地図を作成した。