ながさき‐え〔‐ヱ〕【長崎絵】 の意味

  1. 江戸時代、唯一海外に開かれた港町長崎で作られた木版画。異国の風俗を題材としたもの。