ながさき‐くうこう〔‐クウカウ〕【長崎空港】 の意味

  1. 長崎県大村市にある空港。国管理空港の一。本土部分と大村湾の箕島 (みしま) を埋め立てて作った部分に分かれ、前者は大村航空基地として主に海上自衛隊が使用し、後者は民間旅客用に使われている。昭和30年(1955)に大村空港として本土部が開港。昭和50年(1975)に埋め立て部が完成して現名称に変更された。→拠点空港