ながさき‐ほんせん【長崎本線】 の意味

  1. 佐賀県の鳥栖 (とす) から佐賀諫早 (いさはや) を経て長崎に至るJR線。明治38年(1905)開業当時のルートは、現在の佐世保線・大村線経由であった。昭和9年(1934)有明東・西線が、同47年喜々津・浦上間を短絡する浦上新線が開通し、全長148.8キロとなる。