なかざわ〔なかざは〕【中沢】 の意味

  • 名詞

なかざわ〔なかざは〕【中沢】の慣用句

  1. なかざわけい【中沢けい】
  1. なかざわけいじ【中沢啓治】
    • [1939~2012]漫画家。広島の生まれ。自身の被爆体験をもとに、原爆や戦争をテーマにした作品を発表。特に「はだしのゲン」はベストセラーとなり、多くの外国語に翻訳されている。
  1. なかざわどうに【中沢道二】
    • [1725~1803]江戸中期の心学者。京都の人。名は義道。通称、亀屋久兵衛。手島堵庵(てじまとあん)に師事。江戸に参前舎を開き、心学の布教につとめた。著「道二翁道話」など。
  1. なかざわふじお【中沢不二雄】
    • [1892~1965]野球選手・パリーグ会長。滋賀の生まれ。明大野球部では遊撃手として海外遠征などで活躍。満鉄に入社し、都市対抗野球でチームを優勝に導く。戦後、パリーグの初代専任会長に就任。昭和34年(1959)の天覧試合では、昭和天皇への説明役を務めた。
  1. なかざわよしお【中沢良夫】
    • [1883~1966]応用化学者。東京の生まれ。京都帝大教授、京都工芸繊維大学長を歴任。全国中等学校野球大会の創設に尽力し、昭和23年(1948)全国高等学校野球連盟の会長に就任。高校野球の発展に寄与。
  1. なかざわりんせん【中沢臨川】
  • なかざわ〔なかざは〕【中沢】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 中沢さんの絵では雪のブリリアントなところが出て居ません。

      宮本百合子「獄中への手紙」