出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1725~1803]江戸中期の心学者。京都の人。名は義道。通称、亀屋久兵衛。手島堵庵 (てじまとあん) に師事。江戸に参前舎を開き、心学の布教につとめた。著「道二翁道話」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉