出典:デジタル大辞泉(小学館)

律令制で、太政官 (だいじょうかん) 八省の一。天皇に近侍し、詔勅の宣下や位記 (いき) の発行、上表の受納など、宮中の政務をつかさどった。四等官のほかに侍従・内記・監物 (けんもつ) ・主鈴などの職員がいた。なかのまつりごとのつかさ。なかのつかさ。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉