出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]

《形容詞「ない」の連用形+完了の助動詞「た」。中世後期以降の語》
  1. ある事柄が過去に存在しない意を表す。「こんなに大きな地震は―◦た」

  1. 過去のある状態・心情などを打ち消す意を表す。「あの料理はうまく―◦た」

《打消しの助動詞「ない」の連用形+完了の助動詞「た」》過去のある動作・作用を打ち消す意を表す。「なかった」は「なんだ」に代わって江戸末期ごろから用いられはじめた。「雨で外に出られ―◦た」
    1. 「今朝は一度もおまへに合は―◦たねえ」〈人・恵の花・二〉

出典:gooニュース