なかとみ【中臣】 の意味

  1. 古代の氏族の一。天児屋命 (あまのこやねのみこと) の子孫と伝えられる。大和朝廷忌部 (いんべ) 氏とともに仕え、代々神事・祭祀をつかさどった。初め連 (むらじ) 、のち朝臣 (あそみ) 姓となり、鎌足 (かまたり) の死に際して藤原の姓を賜った。

なかとみ【中臣】の慣用句

  1. なかとみのかまこ【中臣鎌子】
  1. なかとみのかまたり【中臣鎌足】
  1. なかとみのはらえ【中臣の祓】
  1. なかとみのよごと【中臣の寿詞】