出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]
  1. 予想した程度を上回るさま。かなりなさま。「色もいいがデザインも中中だ」

    1. 「―な技倆者 (やりて) だと見えるナ」〈魯庵社会百面相

  1. 物事が予想したようには容易に実現しないさま。「具体化まではまだ中中だ」

  1. 中途半端なさま。また、中途半端で、いっそそうでないほうがましなさま。

    1. 「げに―ならむよりは、いと良しかし」〈狭衣・三〉

[副]
  1. 予想した以上に。意外に。かなり。「中中難しい問題だ」「敵も中中やるね」「中中の腕前」

  1. (多くあとに打消しの語を伴って)容易に実現しないさま。「電車が中中来ない」「話しても中中わかってくれない」

  1. 予想や一般的な状況とは反対の結果になるさま。むしろ。かえって。

    1. 「白き紙に捨て書い給へるしもぞ、―をかしげなる」〈・末摘花〉

  1. (あとに打消しの語を伴って)とうてい。けっして。

    1. 「やれやれ大きになられた、よそで見たらば―見知るまい」〈虎明狂・腰祈

[感]相手の言葉に相槌を打つときに発する語。はい。ええ。そうです。
    1. 「『いざさらば行かう。おりやれ、おりやれ』『―、参りまらする』」〈虎清狂・猿座頭