出典:デジタル大辞泉(小学館)

直衣 (のうし) の下、単衣 (ひとえぎぬ) の上に着る衣服。和歌では多く男女の「仲」にかけて用いる。

「包むめる名やもり出でむ引き交はしかくほころぶる―に」〈・紅葉賀〉