出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「なかへ」とも》衣服などの間に重ね入れること。また、そのもの。近世では、小袿 (こうちぎ) の袖口・襟・裾などで、表地と袘 (ふき) との間に入れた別の色の絹地。